工学院大学 産学官金連携研究シリーズ発表会に参加してきました。

①歴史的建造物、街並みの再生が地域を元気にする。②建築と健康。③ブラタモリから学ぶ町の見方
と言う発表会があり工学院大学に行って来ました!
あく洗いをもっと広げる為に色々な出会いを求めて参加しました。
あく洗いについてお話させて頂く時の事です・・色々な分野のプロフェッショナルの方々の参加者がいて、工学院大学の生徒の方や学長を目の前にとても緊張しました・・
あく洗い前の木とあく洗い後の木を用いて説明をしました。八王子にあく洗いの業者がいた事にも驚かれましたが、木の再生についても熱心に聞いて頂きました。
寺院などの歴史的建造物を残していくという方法のひとつにあく洗いがあります。施工期間はかかるのですが見違えるほど木本来の美しさを取り戻せます。
写真でも参加者の方に伝わりました。
今回の発表会に参加して色々な分野のプロフェッショナルの方に知って頂き興味を持って頂きワイズも何かお手伝いできる事があったら・・と言う思いが強くなりました。
街並みの再生が地域を元気にする事のお手伝いをしたい!この思いを持ってあく洗いの素晴らしさを伝えていきます。
工学院大学の生徒の方達にもあく洗いについてや、あく洗い職人の事に興味を持ってもらえたら・・と私達の夢はふくらみます。
若い世代に残す事も大切な事だと思います。