灰汁洗いの薬品について

今回は灰汁洗いの薬品について話していきたいと思います。
灰汁洗いとは長年の汚れや灰汁が木の内部に浸透し汚れている状態を、灰汁洗いの薬品を使う事で内部の汚れを除去する事ができ木、本来の美しさを蘇らせる手法です。

そんな灰汁洗いで使う薬品も様々なものがあり、薬品によっては強すぎる物もあり灰汁洗いをして、木の表面は新品同様の様に蘇らせる事はできますが木の内部はスカスカのスポンジのような状態になってしまう薬品なんかもあるので注意が必要です。スポンジ状態になってしまうと少しの衝撃で簡単に折れてしまったり、障子を貼る際ののりも付かなくなってしまいます。

昔の薬品なんかだと皮膚に付着すると皮膚がただれてしまったりしてしまう薬品もありすぐに洗い流さないといけないような薬品も数多くありました。今でこそそんな薬品は少なくなりましたがまだ皮膚に付くと痛みが出るような薬品もあります。

弊社で使う薬品は特別な配合をしたオリジナルな薬品で木を傷めつける事もなく人体にも影響のない物を使用しています。灰汁洗いをするために改良を重ねやっと出来た自慢の薬品です。
せっかく灰汁洗いをするなら木にも人にも優しい弊社の灰汁洗いを試してみてください!